外資系の会社に応募、そして面接。でも英語でなんて。どうすれば?

外資系の転職にチャレンジしよう

外資系の企業は、世界各国で働くチャンスがあり、多角的な人事評価の制度が取り入れられていることなどから、向上心の高い転職希望者から人気があります。近年では、中途採用の面接の際に英語でのコミュニケーションが求められる外資系企業も増えており、語学力の高さをアピールするだけでなく、志望動機や将来の展望について、簡潔な英語で伝えられるよう準備をすることが大事です。また、英語の面接の対策を建てるにあたり、英会話教室に定期的に通ったり、外国人の友人にサポートをしてもらったりすることがおすすめです。もしも、外資系企業の面接で問われやすい事項について興味がある時には、多くの企業が集まる就職セミナーなどの機会を利用することが有効です。

キャリア形成を図ることのできる外資系企業の魅力

外資系企業の中でも、一人ひとりの社員の社会経験や所有資格などに応じて、段階的なキャリアアップのためのシステムが用意されているところは、幅広い世代の求職者から人気があります。とりわけ、営業やマネジメント、マーケティングなどの専門性が求められる外資系企業の部署に関しては、定期的に中途採用試験が実施されることがあるため、業界研究を欠かさずに行いながら、職場環境の良い企業の特徴を調べることがおすすめです。大手の外資系企業のキャリア形成のための仕組みについては、ビジネス誌や転職サイトなどで度々紹介が行われることがありますが、将来的に重要なポストを目指すにあたり、職場内での仕事を正当に評価してくれる企業を選ぶことが肝心です。

外資系の求人は、インターネット上の求人サイトに豊富な案件が掲載されているため、希望条件に沿ってスムーズに探せます。