失敗しない外資系会社の選び方

働きやすい外資系企業に転職をするには

外資系企業に転職を考えている場合には、実務経験を活かしやすい職種を選ぶことがとても重要です。また、職種によっては仕事上で高度な英語力を要求されることがあるため、英語に関する苦手意識をなくすことがポイントです。最近では、職場環境の良さにこだわりながら転職活動に励んでいる人が少なくありませんが、外資系企業が多く集まる就職説明会などに参加をすることで、採用担当者から様々な職種の仕事内容や働き方について質問をすることが有効です。また、スキルが高く実務経験が豊富な中途採用者は、海外転勤を命じられる可能性が高く、キャリアアップに繋がることがあります。そこで、関心のある外資系企業の取り組みに日ごろから目を向けることが大切です。

外資系企業の英語の面接をクリアする方法

外資系企業の中途採用の選考において、最終面接までに複数回の面接が行われることがありますが、企業によっては英語での受け答えが必須となる場合があるため、余裕を持って準備を始めることが大切です。特に、過去に経験をした仕事の内容について、担当者に分かりやすい英語で表現をするためには、語学力を高めるだけでなく、自己分析をしっかりと行うことがポイントです。
最近では、外資系企業への転職のサポートに定評のある人材紹介会社に相談をする転職希望者が増えており、面接の際に問われることの多い事柄や適切な回答方法について、担当者にアドバイスをもらうことがおすすめです。また、志望企業の具体的な事業内容や仕事内容について、面接の前に必ず把握することが重要です。

日本語でも面接はドキドキするものです。しかもそれが英語で面接となれば、緊張しないでというほうが難しいですね。英語の場合は小さなミスは気にせずに笑顔でハキハキと明るい雰囲気を印象づけることが重要です。