英語でのメールは必須?相手に好印象を与えるメールの書き方

英語のメールで外資系企業の内定を目指そう

外資系企業に内定をもらうために、日ごろから各企業の事業内容や職種、従業員の働き方などをしっかりと勉強しておくことが大事です。近年では、中途採用の選考が行われている外資系企業が増加していますが、担当者に好印象を持ってもらうために、英語のメールの書き方をマスターすることが有効です。外資系企業の中には、外国人のスタッフが多く働いているところがあり、社内でのスタッフ間のコミュニケーションの際に英語が使われている企業も目立ちます。そこで、入社後の働き方を意識しながら、早いうちから英語で自分の気持ちを伝える練習をすることが肝心です。その他、時間や予算に余裕があれば、語学学校や通信教育などを利用することで、ビジネスに役立つ英文メールのコツをつかむことも良いでしょう。

キャリアを積める外資系企業で活躍するには

外資系企業は、順調にキャリアを積むために最適な環境が用意されているところが多く、特に豊富な海外経験をもっつ人や、専門的な業務に関する資格を持つ人は様々な場面で活躍のチャンスがあります。働きやすい外資系企業に転職をする場合には、実務経験の長さや資格の取得状況、英会話のスキルなどが重要となることがありますが、採用試験に向けて早めに対策を始めることで、ライバルに差をつけることが大切です。最近では、国内外で多種多様なビジネスを行っている外資系企業の取り組みについて、転職サイトなどでしばしば取り上げられることがありますが、外資系企業の選考に応募をするにあたり、じっくりと業界の動向について勉強をすることがポイントです。