外資系会社で働くことの意義は?キャリアはどう見られる?

メリットの大きい外資系企業で働こう

外資系企業は、キャリアに対する意識が高い人にとって、働き甲斐のある企業が多くあり、様々な分野の専門的な知識を活かしやすいといった特徴があります。最近では、人事評価の制度が見直されている外資系企業も増えており、転職先の候補を決めるうえで、求人数が豊富な転職支援サイトを利用することはもちろん、各企業の採用説明会に参加をすることがおすすめです。
また、海外転勤のチャンスがある外資系企業に転職をすることで、希望通りのキャリアを形成できることがあるため、各企業の事情を早期に調べておくことが大事です。その他、職場内での人事異動の機会が多い外資系企業では、様々な業務を経験することができ、モチベーションアップにつながります。

外資系企業で求められるスキル

外資系企業は、従業員の評価基準がハッキリとしているところが多く、過去の経歴よりも職場内での成果が重視される傾向があります。特に、英語でのコミュニケーションが得意な従業員は、営業職として活躍が期待されており、最近では様々な機会を利用して人材育成に力を入れている外資系企業が増えています。また、外資系企業の転職時に必要とされる英語力は、企業ごとに大きな差がありますが、公的な資格を取得することで、中途採用の書類選考や面接の際に人事担当者に興味を持ってもらうことができます。なお、職種によっては資格の有無よりも実務経験の長さが重要となることがあるため、各企業の応募条件をしっかりと把握することがポイントです。